So-net無料ブログ作成

ギリシャ債務危機:ファロファキス蔵相は辞任します [海外ニュース]

20150706Greece.jpg
有権者が国民投票で、今より厳しいの緊縮を求める債権者の要求を拒否するという、彼の要求を支持した数時間後に、ギリシャの率直な蔵相は辞任しました。

ヤニス・ファロファキスは、彼の門出が国の債務危機の解決策を見つけるのに有効であると感じられると伝えていました。

ユーロゾーン蔵相(その人と、彼は繰り返し衝突しました)は、彼が追放されることを望んだと、ファロファキスさんは説明しました。

一方、グローバル金融市場は、ギリシャがユーロからの退去に向かっているという懸念につまづきました。

欧州中央銀行(ECB)は、ギリシアの銀行に対するその緊急資金支持を起こすべきかどうかこと議論するために会うことです。

そして、伝えられるところでは、それはちょうど資金が尽きて、暴落する日とのことです。

BBCヨーロッパ・エディタ・キャティヤ・アドラーは、ユーロゾーンの最も強力なメンバー、フランスとドイツが次に何をするべきかについて不和であると言います。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は月曜日にパリで後ほどフランスのFrancois Hollande大統領に会います。
そして、ユーロゾーン・リーダーの首脳会談が火曜日にあります。

大多数のギリシア人は彼らが単一通貨にとどまりたいと言いいます。
しかし、日曜日の国民投票で彼らは怒りの票「ノー」を投じた事で、そのことをはるかにより難しくしたと通信員は付け加えます。

『債権者』嫌悪』です。

国民投票で投票した616万人のギリシア人の61.3%がより多くの厳粛のためのECB、欧州委員会と国際通貨基金(IMF)からの要請を拒否したことが明らかになったあと、ファロファキスさんは彼のブログの上で彼の辞任を発表しました。

彼は国民投票が実行される日曜日に言いました。
「小さなヨーロッパの国が負債-束縛に対して立ち上がったとき、素晴らしい瞬間として歴史にとどめてください」。


これで、ギリシャのユーロゾーン退去への扉は、より近くに少しずつ動いています。

ギリシャは、昨晩、政治的な地震を成し遂げました。しかし、余震ははるかにより大きくなるでしょう。

ギリシャの票『ノー』はギャンブル的な未来が待っている。

参考記事:
http://www.bbc.com/news/world-europe-33406001

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。